福岡銀行カードローンの審査から借入、返済方法の全て

福岡銀行は、福岡に基盤がある大手地方銀行です。福岡銀行を擁するふくおかフィナンシャル・グループは、銀行売り上げでベスト10に入っていて高く評価されており、安心してお金を借りることができます。

福岡銀行カードローンは、「来店不要」「口座不要」「土日祝日もスマホで申し込みができる」が特徴で、利用者にとってはメリットが多いカードローンです。

地方銀行のカードローンのため、「福岡に住んでいて、口座がないとだめなのでは?」と思う人も多いと思いますが、この福岡銀行のカードローンは、居住地および勤務先が九州・山口の人であれば、口座を持っていなくても申し込むことが特徴です。

申し込みや返済が簡単で、金利も低く設定されているなど、条件面でも大手銀行のカードローンにひけをとらず、利用者にとっては借りやすく、利用しやすい優良カードローンとなっています。

福岡銀行カードローンの申し込み手順と審査の流れ

福岡銀行のカードローンの金利設定は年3.0%~14.5%、借入限度額は10万円~1,000万円で、資金使途は原則自由となっており、ほかの都市銀行と条件はほとんと変わらず、好条件で借入をすることができます。

申し込みをする場合、「福岡銀行の口座を持っている人」「口座を持っていない人」で、申し込み手順が異なります。

口座を持っている人は、キャッシュカード番号を入力することで本人確認もすぐ行うことができ、福岡銀行口座への振込融資を利用することができます。

申し込みはWEB完結でできるので、融資も比較的早く行ってもらえます。ただし、借入希望額が50万円を超えている場合は、収入証明書の郵送などが必要なため、WEB完結はできませんので注意しましょう。

口座があってもキャッシュカードがない人や、口座を持っていない人は、融資までにカード発行など郵送での契約手続きが必要なため、融資までには時間がかかってしまいます。

口座を持っていない人は、長い場合では約1か月かかってしまう場合もあります。急いでいる人は注意しましょう。

申し込みと融資までにかかる期間

口座がある人

契約 WEB完結
審査 最短翌営業日
融資 最短2営業日後

ただし、キャッシュカードがあっても、現住所と届け出住所が違う場合はWEB完結を利用できません。まず住所変更手続きをしてから、申し込みを行うようにしましょう。

口座があって、キャッシュカードがない人

契約 郵送契約
審査 最短翌営業日
融資 最短1~2週間

口座を持っていない人(居住地および勤務先が九州・山口の人のみ)

契約 郵送契約
審査 最短翌営業日
融資 最短3~4週間

福岡銀行に口座とキャッシュカードを持っている人の申し込みと審査の流れ

パソコンやスマートフォンで申し込み

姓名、生年月日、店番と口座番号を入力することで、本人確認を行います

この入力で本人確認を行った後、融資希望額等の入力画面になります。

電話または郵送にて、審査結果を通知

このタイミングで、職場への在籍確認もしくは自宅へ確認の電話があります

そのあと振込融資が可能となります

口座を持っていてキャッシュカードがない人、口座を持っていない人

 パソコンやスマ―トフォン、電話(0120-608-292)、FAX(福岡銀行カードローンのページよりダウンロードが可能)で申し込みができます。

インターネット上から申し込む場合は、以下のように氏名や生年月日、住所など、必要な情報を入力します。

パソコンもしくはスマートフォンからの申し込みの場合、本人確認と申し込み意思の確認のため、銀行から電話があります。

電話または郵送にて、審査結果の通知があります。

審査に通った場合は電話で、NGになった場合は書面で連絡が来るようです。また、電話に3回出なかった場合は、申し込みが取り消されてしまいますので注意しましょう。

このタイミングで職場への在籍確認も行われます。個人名で電話してくれるなど、プライバシーへの配慮もしてくれます。

契約手続きは郵送のみとなります。契約書類が送られてきますので、自署、捺印をして返送します。

それで契約が完了します。そのあとローンカードが発行され、郵送されます。

口座がある人は、契約が完了後、福岡銀行の口座に振込融資をしてもらうことができます。口座がない人は、ローンカードが自宅に届くまで待ち、そのカードを使ってATMから出金することとなります。

郵送による契約手続きの際には、本人確認書類(運転免許証、パスポート、個人番号カード)が必要です。また、50万円以上を借り入れたい場合は、収入証明書(源泉徴収票、所得証明書、確定申告書、給与明細書など)も合わせて必要になりますので、用意しておくようにしましょう。

福岡銀行カードローンの審査の難易度

福岡銀行カードローンの審査は「SMBCコンシューマーファイナンス(株)」が行っており、きちんと審査がなされます。「地方銀行だから審査が比較的ゆるい」というわけではなく、油断は禁物です。

まず、個人信用情報に問題がある場合は、審査通過の可能性は低くなります。具体的には、他のカードローンでの返済が遅れていたり、1か月以内に3社以上のカードローンに申し込んでいたり、すでにいくつものカードローンを利用していたりといったことです。

カードローンの審査では、他社での総借入額よりも、いくつの会社から借り入れているかということを重点的にチェックされます。たとえ少額であっても、3社以上から借り入れをしている場合は、審査に通る可能性が低くなりますので注意しましょう。

また、携帯電話の利用料金を延滞も、審査に影響します。携帯電話の利用料金の中には、電話本体代金のローンが含まれていることが多いので、利用料金を延滞すると、組んだローンの返済が延滞してしまっているのと同じ意味になるのです。

カードローンの申し込みを行うときは、携帯代金をきちんと支払っているかという点にも気を付けましょう。

福岡銀行カードローンの借入方法

借入方法は、福岡銀行の口座に振込をしてもらう「振込融資」と、カードローンを使ってATMから直接出金する方法の2通りがあります。

振込融資は、福岡銀行の口座への振込しか対応していないため、口座を持っている人のみが利用できる方法です。

口座を持っていない人は、ローンカードを使ったATMからの出金のみとなります。

利用できるATMは以下となっています。

福岡銀行 セブン銀行
熊本銀行 E-net
親和銀行 ローソン
ゆうちょ銀行 BankTime

地方銀行ではありますが、ゆうちょ銀行やセブン銀行、E-net、ローソンATMなどを利用できるため、利便性が高くなっています。

福岡銀行カードローンの返済方法

福岡銀行カードローンでは、返済方法は「口座引き落とし型」と「直接入金型」の2通りが用意されています。

口座引き落としは、福岡銀行の口座からでしか行えないため、福岡銀行の口座があることが条件になります。

口座を持っていない人は、「直接入金型」での返済が必要です。発行されたローンカードを使い、返済日までにATMからその都度入金を行う必要があります。

口座引き落とし型

引き落とし対象口座は福岡銀行のみとなり、返済日を1~26日の中から指定することができます。

直接入金型

返済日は毎月14日と決められていますので、その日までに入金をしておく必要があります。前月14日時点での、最終残高に応じた返済金額を返済することとなります。

返済額の例

前月14日時点の残高 返済額
2千円未満 1千円
2千円以上10万円未満 2千円
10万円超20万円以下 4千円
20万円超30万円以下 6千円
30万円超40万円以下 8千円
40万円超50万円以下 1万円

福岡銀行カードローンは、このように毎月の返済額が低く抑えられており、利用しやすくなっています。

利用できるATMは、借入の時と同じで、以下のATMで行うことができます。手数料は基本的には無料ですが、利用する時間帯によっては料金がかかることもあります。

返済時に利用できるATM

福岡銀行 セブン銀行
熊本銀行 E-net
親和銀行 ローソン
ゆうちょ銀行 BankTime

福岡銀行カードローンのメリット

口座がなくても申し込み可能

九州や山口エリアに居住もしくは勤務地があった場合、福岡銀行の口座がなくても申し込みをすることができます。

福岡銀行では、口座開設には必ず来店が必要になるため、口座なしでカードローンを利用できることは大きなメリットとなります。

大手都市銀行のカードローンと同等の条件で借りることができる

福岡銀行カードローンの借入金利はメガバンク並みに低く、融資可能額も最大1,000万円まで可能なため、大手銀行と同じような条件で融資を受けることが可能となっています。

特に1,000万円までの融資可能額は、業界でも最高クラスですので、まとまったお金を借りたいという人には最適です。

月々の返済額が少ない

福岡銀行カードローンでは、10万円までの借り入れであれば、月々2,000円の返済で良いので、負担が少ないことがメリットです。できるだけ月々の返済額を抑え、無理なく確実に返済していきたいという人に向いています。

ただし、月々の返済額が少ないということは、総返済期間が長くなり、その分総支払利息も大きくなるということですので、資金に余裕があるときは臨時返済をして、少しでも支払い利息を少なくするように工夫するのがおすすめです。

借入れ診断がある

福岡銀行のカードローンのページには「お借入れ診断」があり、年齢や年収、他社借入件数や金額を入力すると、利用できるかどうか簡易診断をしてくれます。

カードローンの申し込みでは、できるだけ「審査に落ちてしまった」という既成事実を作らないことが大切です。

なぜかというと、1社落ちて、また次のカードローンを申し込んで、また落ちて・・・ということを繰り返していると、1か月の内に何社にも申し込んだということで「申し込みブラック」となり、数か月はその記録が残ってしまい、どのカードローンの審査も通らない状態になってしまうのです。

自分の状態で借りられるかどうかということが大まかにわかれば、「審査に落ちてしまう」ということを最大限防ぐことができます。

カードローンを申し込む際には、できるだけ審査に通りそうなところから申し込むのが王道です。この簡易診断のツールを活用して、申し込むかどうかを判断するようにしましょう。

郵送物は、カードローンとわからないような配慮がある

福岡銀行のカードローンでは、口座を持っている人以外は郵送での手続きが必須となっています。

しかし、プライバシーに配慮し、カードローン関係の書類とわからないようにして配送してくれます。

福岡銀行カードローンのデメリット

融資までに時間がかかる

福岡銀行に口座がある場合でも、最短で2営業日後の振込となり、即日融資には対応していません。

また、口座があってキャッシュカードがない場合は最短で1~2週間、口座がない場合は最短でも3~4週間かかってしまいますので、早くお金を借りたいという人は、他の銀行カードローンを検討した方が良いでしょう。

自宅に郵送物が届く

カードローンとわからないように配慮はしてくれていますが、自宅に郵送物が届くということをデメリットに感じる人も多いようです。

今は、ローン専用カードを無人契約機で受け取れたり、WEB完結のカードレス契約で、自宅への郵送物が一切届かないカードローンもあります。

絶対に身内にバレたくない、という人は、郵送物が届かないタイプのカードローンを申し込んだ方が良いでしょう。

このように、福岡銀行カードローンは、地方銀行の商品でありながら、メガバンクのカードローンと同じような条件でお金を借りることができる優良カードローンです。

福岡銀行では、このカードローンの他にも、おまとめローン、空き家解体ローン、地域活性化空き家ローンなど個性的な商品を多く取り揃えており、融資に力を入れていますので、福岡銀行に口座がある人や、九州・山口エリアに勤務もしくは居住している人は、ぜひ福岡銀行カードローンを検討してみてくださいね。