気になるカサつきや粉吹きの原因、肌の乾燥の予防対策を紹介!

冬場は特に乾燥した空気やエアコンなどの影響によって、人間の肌は水分が蒸発して乾燥のリスクにさらされています。肌が乾燥すると、見た目にはカサツキが出てしまったり、粉が吹いてしまったりと目立ってしまいます。また、乾燥してしまうと肌はバリア機能が低下してダメージを受けやすくなってしまいます。

こういった肌の乾燥には、どのような対策が効果的なのでしょうか。

ここでは、肌が乾燥してしまう原因や改善策、予防対策について紹介します。

 

肌が乾燥する原因とは

肌が乾燥するのはなぜ?

肌の乾燥の原因は、冬場の空気の乾燥やエアコンなどによる環境要因の場合もあれば、生活習慣の乱れやスキンケアの不足など内的要因の場合もあります。

肌が乾燥する主な原因としては、冬場のエアコンなどで空気が乾燥している、衣類の刺激によって肌がダメージを受けている、化粧日があっていない、栄養バランスが偏っている、睡眠不足、スキンケア不足、顔や体の洗いすぎ、41℃以上の熱湯の使用、タオルで顔をこするなど摩擦によるダメージなどが挙げられます。

空気が乾燥していると、肌の水分は蒸発しやすくなってしまい、乾燥の原因に繋がってしまいます。また、衣類やタオルなどによる摩擦も、そのダメージが起因となり、乾燥に繋がってしまうのです。また、熱湯や洗いすぎは肌にとって必要な皮脂が洗い流されてしまうことで、乾燥に繋がってしまうため、思い当たることがある方は普段の生活習慣を見直すことが必要です。

 

肌の乾燥と深い関係を持つバリア機能とは

肌に負担がかかってしまうと、水分と皮脂のバランスが崩れてしまい乾燥しやすくなってしまいます。

ここでは、肌の乾燥と深い関係を持つ肌のバリア機能について紹介します。

肌は、バリア機能というものを持っています。肌は表面から表皮、真皮、皮下組織という3層に分かれており、表皮にはバリア機能が存在して肌を外的刺激から守る役割を持っています。表皮はさらに4つの層に分かれており、その一番外側の角質層にバリア機能は存在しているのです。

肌のバリア機能に重要なのが、皮脂膜、天然保湿因子(NMF)、細胞間脂質という3つの要素です。

皮脂膜とは、毛穴から分泌される皮脂と、汗腺から分泌される汗が混ざってできる肌のベールのようなもので、天然の保湿クリームとも表現されることがあります。肌にとって必要な角質が剥がれ落ちるのを防止したり、肌の水分を維持して滑らかな状態に保ったりと非常に重要な役割を担っています。

天然保湿因子(Natural Moisturizing Factor)は、アミノ酸やミネラル、尿素などによって構成される保湿因子のことで、水分を角質層に吸着させて、肌の柔らかさや弾力を保つ役割を担っています。

肌の保湿にとって最も重要と言えるのが、セラミドなどが代表として知られる細胞間脂質です。細胞間脂質とは、角質細胞の間にできる隙間を埋める役割を果たしており、外的刺激や水分の蒸発を防ぐ役割を持っています。保湿に対して80%もの貢献度も担っている非常に重要な存在であると言えます。

これら3つの要素から成り立つバリア機能は、弱まってしまうことで肌を乾燥させ、肌トラブルを発生させてしまうのです。

肌の乾燥を防ぐためには、このバリア機能を担う3つの要素を補うことが重要だと言えます。

 

肌の乾燥によって起こるトラブル

肌が乾燥して、バリア機能が低下するとかゆみやニキビ、メイク乗りが悪くなる、粉が吹いて目立つ、悪化すると湿疹ができる、毛穴が詰まるなどのトラブルが発生してしまいます。

肌は乾燥してダメージを受けやすくなると、かゆみの原因となる「ヒスタミン」という物質が発生してしまいます。このヒスタミンはかゆみを引き起こし、さらに掻くことでさらに分泌されてしまい、悪化してしまいます。かゆみが出たからと言って、かきむしってしまうと、湿疹に繋がってしまう場合があります。

また、肌の乾燥は皮脂の過剰分泌を招きます。過剰に分泌された皮脂は、肌に残りやすく、毛穴詰まりを起こしニキビなどの肌トラブルの原因となってしまいます。

 

乾燥肌を改善するためには

保湿効果のある効果的な化粧品を使用する

肌が乾燥してしまった場合は、化粧品による保湿が効果的です。

保湿効果が高く乾燥肌に効果的な成分としては、セラミドやコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸が挙げられます。これらの成分は全て、人間がもともと持っている成分で、セラミドは肌のバリア機能に関与している細胞間脂質です。

コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸は、肌の奥にある真皮層に存在している成分で、美容成分として有名です。コラーゲンとエラスチンは、肌にハリと弾力を与える役割を担っており、ヒアルロン酸は高い保水力を持っている成分です。

これらの3つの成分が合わさって、肌の土台ができていることから、これらを補給することで肌の潤いは高まります。

 

肌に良い成分の摂取

乾燥肌には、内側からのケアも大切です。食事やサプリメント、健康食品などから肌に良い成分を摂取することで乾燥肌を防ぐことができます。

肌の乾燥には、肌を構成するたんぱく質をはじめとして、ビタミンAやビタミンB群、ビタミンC、亜鉛などが効果的です。

ビタミンAは粘膜に働きかける成分で、免疫機能を維持する役割を持っています。また、ビタミンB群は、不足してしまうと発疹や口内炎などを発生させてしまうことから、積極的に補給をしたい成分です。また、ビタミンCは肌に良いことで有名で、コラーゲンの生成をサポートするため、美容のためには積極的に摂取する必要があります。コラーゲンは不足してしまうと免疫力の低下にもつながってしまいます。

また、髪や爪にとって大切な成分として知られる亜鉛は、細胞が生まれ変わる時に必要な成分のため、肌にとっても重要です。

 

肌の乾燥を防ぐための予防対策とは

・生活習慣を整える

肌が乾燥してしまう大きな原因のひとつとして挙げられるのが生活習慣の乱れです。

睡眠不足は肌細胞の生成を妨げます。また、生活リズムの乱れはホルモンバランスを崩し、肌の乾燥などのトラブルを引き起こしてしまいます。スキンケアや食事も大切ですが、肌への影響が最も大きいのは体の健康です。そのため、できるだけ健康的な生活を送るために、自分自身の生活習慣を見直して、整えるようにしましょう。

 

・肌乾燥を防ぐ効果のある食べ物を摂取する

乾燥肌を防ぐためには、肌にとって必要な栄養素を含む食べ物を摂取することが大切です。肌に良い栄養素を含む食べ物としては、大豆や卵、肉類、うなぎ、チーズ、緑黄色野菜、バナナ、かんきつ類、ナッツなどが挙げられます。

 

・衣類や寝具を見直して摩擦を避ける

衣類や寝具は、肌に合っていないと刺激となってしまい、肌を乾燥させてしまうことがあります。ウールなどの素材は保温効果が高い反面、チクチクしやすく刺激になってしまうため、注意が必要です。また、化学繊維も肌を乾燥させてしまうことがあります。

衣類や寝具を見直して、摩擦などの刺激を避けることで、肌を乾燥から守ることができます。

 

まとめ

肌の乾燥と肌のバリア機能は深く関わりを持っています。バリア機能を維持することは、乾燥などの肌トラブルのない美しい肌への近道となります。

肌が乾燥してしまった場合には、セラミドなどの保湿成分を補給して、内外の両側から肌に良い成分を補うことで乾燥肌の改善や予防に繋げることができます。

また、生活習慣の見直しは最も簡単にできる乾燥予防のため、まずは自分自身の生活習慣を見直すようにしましょう。熱湯の使用を控えたり、肌に刺激の少ない衣類を選んだりするだけで、肌への刺激を防ぐことができ、乾燥予防に繋がります。

肌は思った以上にデリケートです。優しく労わって、必要な成分をしっかりと補給して、乾燥しらずの潤い肌を目指してくださいね。