「塗るボトックス」と言われる話題の美容成分シンエイクの気になる効果を紹介

最近話題になっている「シンエイク」という美容成分は、塗るボトックスとも呼ばれるほど、肌に対する美容効果が高い成分です。

シンエイクは、実は蛇毒を真似して作られた成分だそう。

ここでは、そんなシンエイクの美容効果や使用においてのメリット・デメリットを紹介します。

 

そもそもシンエイクって何?

シンエイクについて

シンエイクとは、スイスの製薬会社が開発したペプチドの一種で、塗るボトックスと呼ばれるほど効果的な美容成分です。蛇毒の「筋肉を弛緩させる」という働きをヒントに、シワの改善や肌をふっくらと柔らかくさせる効果があるとして、最近話題になっています。

蛇の毒と言うと、あまり良いイメージを持てず少し不安になってしまうかもしれませんが、あくまで蛇毒を参考にして、人工的に作られたもののため、毒もなく副作用の心配もありません。また、ペプチドのため、保湿効果が高いのも特徴です。

シンエイクは大きく分けて原液タイプと化粧品タイプの2種類があります。原液タイプは化粧水などに混ぜて使用します。また、気になる部分にはそのまま原液を塗布すると効果的です。化粧品タイプは、シンエイクが配合されている化粧品を指します。

化粧品などに配合されている場合は、「ジ酢酸ジペプチドジアミノブチロイルベンジルアミド」を表記されています。

 

塗るボトックスと呼ばれる理由とは?

シンエイクは、2006年にスイスのテクノロジーアワードを受賞している成分です。

シンエイクの最大の特徴は、筋肉の深い部分を弛緩させることによって、表情ジワなどを薄くしたり、肌をふっくらと柔らかくしたりする効果を持つという点。この特徴の原理がボトックスと同じという理由から、塗るボトックスと呼ばれるようになりました。

ある実験によると、シンエイクを使用してから10分で効果が現れ始めて、1日2回使い続けたところ、1カ月後にはシワの約50%が減少したという結果が出ました。このことを踏まえても、威力はかなり強い成分であると言えます。

日本でシンエイクを使用している方の口コミでは、「目元のシワやほうれい線が薄くなってきた」「乾燥が改善してきた」「シワが気にならなくなってきた」など、シンエイクの特徴であるシワに対する効果や保湿効果を実感している声が多く見られます。

 

シンエイクと似た効果を持つ「アルジルリン」との違い

シンエイクと似た効果を持つ成分として「アルジルリン」が挙げられます。アルジルリンは、スペインの製薬会社によって開発された成分で、表情ジワの改善に効果的とされています。スペインでは、ボトックス注射が禁止されていたことから、代わりに開発されたのがアルジルリンです。

アルジルリンは、アセチルコリンという物質の働きを弱める働きを持っています。このアセチルコリンとは、筋肉が動くときに分泌される物質のことで、これが過剰に分泌されることで、表情筋にクセがついてしまい、シワの原因になってしまうと言われているのです。アルジルリンはアセチルコリンの分泌を4割程度抑えると言われており、表情筋が原因のシワを改善・予防する効果を持っています。

アルジルリンはボトックスのような即効性を持っておらず、使い続けることで筋肉の収縮を減少させて表情筋をだんだんと柔らかくしていきます。一方シンエイクはアルジルリンの6倍の効果を持つと言われています。これらの成分は非常に相性が良いことから、一緒に使用することで相乗効果が期待できるとされており、セットで配合されている化粧品が数多く存在します。

 

シンエイクが持つ美容効果

・シワ改善効果

シンエイクの美容効果として一番に挙げられるのが、シワに対する効果です。シワに対して効果的とされているアルジルリンと比較しても6倍のシワ改善効果があるとされており、シンエイクはシワの中でも特に表情ジワに効果的と言われています。

シンエイクには、筋肉の収縮を司る神経伝達を遮断する働きを持っていることから、筋肉の緊張をほぐす作用を持っています。

シンエイクの筋肉弛緩作用によって、額や眉間、目尻、ほうれい線など、深く刻まれてしまったシワの原因となる表情筋の緊張をほぐすことで、肌をふっくらと柔らかくさせる効果が期待できます。シンエイクは即効性もあることから、30分でシワが改善したという報告もあります。

眉間や目尻などのシワが気になる方は、シンエイクでシワ改善に努めてみてはいかがでしょうか。

・保湿効果

シンエイクはペプチドの一種のため、保湿効果が期待できます。

ペプチドは、保湿化粧品によく配合されている成分で、肌にハリを与えてふっくらと柔らかくさせる効果を持っています。

保湿とシワの改善や予防を同時にできる成分は多くはないことから、乾燥が原因によるシワの予防にも効果を発揮するという点は、大きなメリットだと言えます。

 

・エイジングケア・予防

エイジングサインとして第一に挙げられるのは、シワだと言われています。シンエイクはシワの改善や予防をしてくれる成分のため、エイジングケアやエイジング予防に効果的です。

シンエイクを使用することによって、肌にハリやツヤが出たり、毛穴やニキビ跡が目立ちにくくなったり、乾燥によりできてしまうシワを予防したりとエイジングケアに効果的です。

 

シンエイクのメリット・デメリットとは

シンエイクのメリット

シンエイクは、化粧品としては驚くような表情ジワを改善する効果を持つ化粧品です。シンエイクのメリットとしては、即効性があるという点や、ボトックス注射のように失敗のリスクがないという点、エステや美容医療に比べてお手頃価格のため手を出しやすいという点、また副作用がでにくいという点が挙げられます。

 

シンエイクのデメリット

シンエイクは表情ジワの改善には効果的である一方で、肌の弾力が不足してしまうことによってできる「たるみジワ」と呼ばれるものに対しては、効果が期待できないという点がデメリットだと言えます。表情筋の緊張によるシワではなく、無表情の際にもできるシワの改善がしたい場合は、たるみケアに効果的な成分を使用する必要があります。

そのため、自分のシワがどのような原因でできているものなのかを知っておくことも大切です。

 

メリット・デメリットまとめ

シンエイクは、表情筋の弛緩による表情ジワに対しては効果的ですが、たるみが原因のシワに対しての効果は期待できません。しかし、表情ジワを改善するという点においては、ボトックス注射などと比較するとリスクが少なく、リーズナブルなことから、誰でも気軽に使用することができるという点が大きなメリットと言えるでしょう。

シンエイクは、手術失敗のリスクがない上、比較的安価で手に入ることから、整形手術が盛んな韓国のコスメにも多く活用されている、今注目の成分です。

 

最後に

シンエイクは、表情筋の収縮を押さえてシワを改善・予防することができ、肌にハリやツヤを与えてくれる女性にとっては嬉しい成分です。塗るボトックスと呼ばれるほどの効果を持っており、リーズナブルな価格で手に入るのも嬉しいポイントです。また、即効性を持っていることから、今すぐにシワを何とかしたいと思っている方にもおすすめできる成分です。

シワケアと保湿を同時に行うことができるため、シワや乾燥が気になっている方は、シンエイクの力を借りて美しい肌を目指しましょう。